セミナーのご案内

友野会計事務所 > セミナー情報 > 友野会計事務所セミナー2010

“友野会計事務所セミナー2010

今、話題のリスケって何ですか?
   労務訴訟について考えたことがありますか?


※ 当セミナーは終了いたしました ※
  たくさんのご参加、ありがとうございました

開催日時 平成22年11月16日(火) 14:00〜16:30(受付開始 13:45)
会場 大宮ソニックシティ7階 705会議室
     ( さいたま市大宮区桜木町1−7−5 )
会場への交通案内は、こちらをご参照ください
定 員 30名
参 加 費 無料(駐車場代は各自でご負担をお願いいたします)
講師 税理士 友野行晴 (友野会計事務所 副所長)
特定社会保険労務士 本澤賢一 (日本プラネット株式会社 取締役)
内容 景気が回復傾向にあるとはいえ、中小企業にとってはまだまだ厳しい状況が続いております。
そのような不況下で、企業が存続発展していくためにどのような対策が必要なのでしょうか?
そこで今回は、何かと話題や相談の多いリスケ(中小企業等の金融機関への返済条件の緩和措置)について、および最近頻発している労務訴訟をテーマにセミナーを開催いたします。経営者の皆様及びお取引先等関係者の方々お誘いあわせの上、是非ご参加ください。


【第1部】  14:00 〜 14:30
「リ・スケジューリングを行う際の注意点
〜借入返済予定の再計画〜」
講師: 友野会計事務所  副所長 税理士 友野行晴

本当に真面目な社長ほど、「銀行の返済だけはきちんとしなきゃならない」という思いは強いと思います。ただ、本当に資金繰りが厳しくておカネの悩みがつきまとうのであれば、リスケジュール、つまり銀行と交渉して融資の返済を猶予してもらったり減額をしてもらうといった条件変更を検討するのも一つの手です。
結論を先延ばしにして、状況だけが悪化していくという事態を避けるためにも、ほんの一時、私たちと一緒に勉強してみましょう。

【第2部】  14:45 〜 16:15
「不景気下における人件費削減と
その裏に潜むリスク」
講師: 日本プラネット株式会社  取締役・特定社会保険労務士 本澤賢一

(相談例)・・・@業績に貢献しない社員の給与水準を根本的に見直したい。
        ⇒貢献する人だけ多く給与を払いたい!
        A雇用調整を行いたい!
        B人員削減を行わざるを得ないが、どうすればよいか?
        C希望退職を呼びかけたが、誰も応じない!
        D退職した職員から、過去の残業代請求の「訴状」が来た。

【第3部】  16:15 〜 16:45
個別相談会
(先着2名様…御希望の方は申込書に記入してください。
御希望多数の場合はセミナー終了後に個別に御連絡させて頂きます。)